台湾茶について of ノマド・台湾ネットショップ/ 諾瑪迪の臺灣網路商店

HOME > 台湾茶について

台湾茶について

台湾茶の歴史はおよそ200年。
中国大陸の福建省より伝わりました。台湾のとても暖かな気候から台湾全土で一年を通して緑茶から紅茶までさまざまなお茶が作られています。

中心は烏龍茶ですが、烏龍茶の中でも製造工程に変化をつけ軽めのお茶から重いお茶とさまざまな烏龍茶を味わう事ができます。

約130年前、台湾は「Formosa Tea」の商品で海外の50余りの国にお茶を輸出しており国際的に脚光を浴びました。

その後、政府により茶葉試験研究所なども設置され長きに渡って茶葉の研究がなされました。それにより烏龍茶と文山包種茶が中心だった台湾茶は、現在紅茶、緑茶なども生産されるようになりました。

1980年代に入り、台湾国内においてでの台湾茶の消費も拡大してきました。それにともない研究もますます盛んになり、今後の発展にも期待が持てます。

about_img1.jpg

阿里山の紅茶

佳葉龍茶